本文へスキップ

台湾社団法人「中国易経研究発展協会」公認団体

ご予約・問い合わせ 080-4327-1305村野大衡(むらのだいこう)

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-30-16
ルネ新宿御苑タワー

私の使う占術KIND

※私の占術は本だけから取り入れた知識ではありません。
  すべて台湾の老師から正式に伝授されたものです。
  そこに占術を超えた理論技術を練り入れて強化した完全オリジナル。
  書籍通りの鑑定ではなく人生への活用法を教えます。

乾元紫微斗数(けんげんしびとすう)
占術の本場である台湾でも、一番人気があるのが紫微斗数。
出生時間まで必要ですが、とても精密な鑑定ができます。
台湾の新進気鋭の流派である台湾上機派をベースとして、
あらゆる能力開発法を加えて出来上がった乾元紫微斗数です。

「必ず○○になります」という無責任な予言はいたしません。
自分の努力無くしては運勢の向上は無いのですから。
あなたが今、どう動くかわからないと答えは出ませんが、
努力をするならば目標への最短距離を導きます。

・性格、才能
・恋愛、結婚
・仕事、財運
・開運 etc…

〜巷にある紫微斗数とはどう違うのか〜
先ほども述べたように考え方が根底から違います。
「どうなりますか?」という問いへの答えではなく、
「どう生きればよいのか?」という逆な視点です。

私の乾元紫微斗数の鑑定を始めて受けた方の感想の多くには、
努力が苦ではなくなり、前向きになったという声が多いです。
ブログに参考となる箇所があるのでご覧になってください。

⇒ 開運期はいつ?(2017/12/07)
⇒ 自分を理解すること(2016/10/07)
⇒ 占術で目指すもの(2015/09/03)
⇒ 質問について(2014/10/26)
⇒ RPGに例えると(2014/03/01)
⇒ 自分主軸人生(2015/01/05)
⇒ 私の鑑定の特徴(2016/09/08)




台湾上機派 風水
今では日本でもポピュラーになった風水。
しかし日本に伝わる手法よりも奥深いのが台湾の風水です。
家の選び方、快適な間取りの提案をいたします
「台湾上機派」と「紫微風水」「諸流派」を使い分けます。
⇒ 台湾上機派風水とは?
⇒台湾上機派風水(入門編)〔ブログ記事〕




解神方位術

旅行や引越しの時に使います。
方位については学生時代に気学諸流派から始まって、
符使式奇門遁甲、金函玉鏡、挨星法、周易遁甲etc…
今までに色々な方位学(術)を学びました。
現在はそれまでに学んだ応用系技術を使います。
(気学、奇門遁甲でも、四化飛星でもありません)
行きたい場所を吉にします。
※ 五黄殺・暗剣殺等でお悩みの方、是非どうぞ!
⇒ 「参考ブログ記事]方位鑑定(2016/06/05)




達磨一掌経(だるまいっしょうきょう)
真言宗の八祖、一行禅師由来の占術。
現在は形を変えて台湾で独自発展をしています。
東洋の人生学としての哲学的ベースが下地で、
仏学の
六道輪廻の基礎概念から来ています。
(特定の宗教団体とは一切関係ありません)
達磨一掌経にて分析することにより、
輪廻のテーマを確認することができます。
※現在はこの占術のみの単独鑑定はせず、
 紫微斗数細密コースの隠し味にしています。


達磨一掌経の
参考ブログ ⇒ 今の世界での向上の為に



擇日鑑定

入籍、会社設立、お店の開店、地鎮祭の日取り。
通帳作成、ピアスの穴あけ、ネイルの吉日など。
大切な日が吉となる日取りを選びます。
スタートを吉として弾みをつけます。
乾元紫微斗数の変化形、脅威の手法です




手相

子供の頃から一番長く学んでいる占術です。
特に10代から20代にかけては研究に明け暮れました。
手相をじっくり読むという一般的なな手法に反して、
手を出した瞬間にすべてを読んで答えを伝えます。




紫微霊動数
紫微斗数をベースに台湾の詹惟中老師が考案されました。
「惟中派」オリジナルの占術です。
日本では村野大衡のみが鑑定を許可されています。
いざという時の私の必殺技としています。




※過去には数えきれないほどの占術を学びました。
頂いた認定証を重ねると1cm以上になります。
とはいうもののこれはいつも感じてることですが、
占い師は占術の数ばかり増やしても意味はありません。
⇒ 占い師を探しているOLに驚いた!(2014/08/24)
現在の私は上記の占術に絞って研究を深めています。

どの鑑定を受ければよいかわからない場合はお電話ください。
080-4327-1305

この頭へ
スタッフ写真

新宿御苑前 鑑定室

TEL 080-4327-1305
〒160-0022
東京都新宿区新宿1-30-16
ルネ新宿御苑タワー
営業時間 09:00-21:00
問い合わせは何時でもOK
(メールでなくTELにて)
→アクセス

inserted by FC2 system